冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 北海道のおせち

北の漁師膳は、海鮮が楽しめるおせちでした。🎍

20130123DSC02973

前から気になっていたおせち「北の漁師膳」と「北の市場膳」。個別包装の冷凍おせちのため、価格の割に豪華な北海道の海の幸が堪能できそうだと思っていました。
ちなみにこの2つのちがいは…年によってもちがうようで、前年の「北の漁師膳」のセットが今年は「北の市場膳」で売られ、今年の「北の漁師膳」は「北の市場膳」+きんきの姿煮だったり…。

冷凍おせちというのは、万が一の事態、たとえば運送中のトラックの事故などでおせちが注文者の元に届かないといった事態にに備えて、余分に作られています。
そういった余分に作られたおせちの賞味期限はだいたい1月末くらいまであるので、お正月が空けると、しばしば思いっきりお得な価格で売りに出されます。

今回は個別包装の冷凍おせちのセットを解体して、組みなおしたおせちをお取り寄せしました。ちなみに注文したのは「北の市場膳」という品名でしたが、届いた箱には「北の漁師膳」と書かれていました。うん、ますます、この2つ、ちがいがわかりにくい。

本来、「北の漁師膳」は9種類の料理が入ったパックが2段に、カニやエビ、アワビという贅沢海鮮が入った1段の計3段重です。

今回の「北の市場膳」は2段の18種類の内の9種類の料理が入った一段と、「脚折れ」というワケアリのズワイガニがたっぷりはいった一段の2段セットで届きました。

入っていた9種類の料理は「サロマ浜炊きほたて」、「お煮しめ」、「時鮭柚庵焼」、「メロンカタラーナ」、「北海黒豆」、「たたきごぼう」、「たこやわらか煮」、「百合根きんとん」、「北海縞海老艶煮」でした。

20130123DSC02823

 

続きを読む "北の漁師膳は、海鮮が楽しめるおせちでした。🎍" »

魚卵専門メーカー「ウロコボシ」いくらは素材が格別。🎍

北海道の魚卵専門メーカー「ウロコボシ」北海道産 いくら醤油漬

松本明子さんがレポートする2013年のどさんこ広場では、魚卵専門メーカー「ウロコボシ」のいくらが登場しました。

魚卵専門メーカー「ウロコボシ」は何がちがうかといえば、まず素材を選び抜く目、素材を生かす加工の技。

秋鮭漁は毎年9月初旬から解禁になりますが、いくらが美味しい時期を狙い、10月頃のいくらを使用しています。

川を上ってくる鮭は、途中で卵を体外に放出しても大丈夫なように卵の殻を厚くしますが、今回のいくらは沖合いを回帰してくる途中の鮭を海で獲っているので、いくらの皮が柔らかくて、口の中で皮が残りにくいんですよね。

いくらもいろいろ食べてきましたが、随分、品質がいろいろです。上質ないくらは食べた後、皮が口に残りません。美味だけ残して、すっと溶けていく感じ。いくらの上質さって、あの皮が口に残るかどうかでわかるのよね。

水揚げ後、一粒一粒丁寧にほぐして、新鮮なうちに素早く加工しているから鮮度がよくて、ほら、宝石のような鮮やかな色、新鮮さがつたわってきますよね。

鮮やかな、このオレンジ色を見ると、うーんっ、ごはんが欲しくなる!

1パック250gが2パックと、たーっぷりのいくら。
瓶詰めのいくらなんて、だいたい1本50~100gしか入ってなくて、1本1000~2000円ですからね。500gはちょっと迫力。
でも1パックずつ解凍すれば、ながーく、じっくり、お正月を過ぎた後も、楽しめます。

お取り寄せはどさんこ広場【味の物産市】
冷凍便:魚卵専門店「ウロコボシ」北海道産 道東産 いくら醤油漬

その
●どさんこ広場の記事
●いくら・筋子,

初出:2013.12.7

三越・伊勢丹オンラインストア