冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 正直屋

《東京正直屋》おせちオードブルはお酒が進む和洋中オードブル🎍

大正時代創業の仕出し屋「正直屋」の「おせちオードブル」は和洋中のオードブルがたっぷり入った一段重です。一口ずつの2人前ですが、28種類もの料理が入っています。

伊達巻や鮑煮などの和、スモークサーモンマリネオリーブ添えなどの洋、黒糖仕込みバラチャーシューや中華クラゲなどの中華、お酒が進む、さまざまな味が楽しめます。さらに苺ロールケーキ、チョコレートブラウニーなどのスイーツも!

以前正直屋の和のおせちをお取り寄せしましたが、それぞれがきちんと素材の味をいかしつつ、出汁がきいた味わいに魅了されました。

工場でアルバイトやパートが作っていることが多いおせちですが、「正直屋」は料亭で修行してきた料理人が手作りしています。

《東京正直屋》おせちオードブルのお取り寄せは

《東京正直屋》のその他のおせちのお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2017年11月17日午後11時59分まで)すると、日本全国送料無料です。

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2017.9.21-10.03

《東京正直屋》和の三段重は料亭の味🎍

大正時代創業の仕出し屋「正直屋」の和の三段重。
以前正直屋の和のおせちをお取り寄せしましたが、素材ひとつひとつに最適な煮方をした煮物はもちろん、ここは西京漬など魚料理が格別です。烏賊松笠雲丹焼や鶏筑波巻などひと手間加えた料理も入っています。
46種類もの料理が入っているので、飽きることなく、楽しめます。

一般におせちは、一部有名料亭の数量限定おせちを除き、工場でアルバイトやパートが作っています。しかし、「正直屋」は料亭で修行してきた料理人が手作りしています。

煮物、焼き物、それぞれがきちんと素材の味をいかしつつ、出汁がきいた、まさに料亭の味です。

《東京正直屋》和三段重のお取り寄せは

《東京正直屋》のその他のおせちのお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2017年11月17日午後11時59分まで)すると、日本全国送料無料です。

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

正直屋のおせちの口コミ・感想は

初出:2017.9.21-10.03

《東京正直屋》和洋中おせち料理三段重『宝生』(冷凍)はリーズナブル。🎍

大正時代創業の仕出し屋「正直屋」の和洋中三段重『宝生』。煮物や自慢の焼き魚に加えて、スモークサーモンのオイル漬けや数の子など、新春を祝うにふさわしい料理がたっぷりと入っています。3人前といっても、品数が多いので、本当に量はたっぷり。

一般におせちは、一部有名料亭の数量限定おせちを除き、工場でアルバイトやパートが作っています。しかし、「正直屋」は料亭で修行してきた料理人が手作りしています。

《東京正直屋》和洋中おせち料理三段重『宝生』(冷凍)のお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2017年11月17日午後11時59分まで)すると、日本全国送料無料です。

正直屋のおせちの口コミ・感想は

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

>初出:2013.11.1 更新:2017.9.20-10.03

《東京正直屋》和風おせち三段重は、真面目で懐かしい味わい。🎍

銀座に贅沢な割烹店「里仙」を出している、大正時代創業の東京の仕出し屋「正直屋」の「割烹里仙おせち」です。

一般におせちは、一部有名料亭の数量限定おせちを除き、工場でアルバイトやパートが作っています。しかし、「正直屋」は料亭で修行してきた料理人が手作りしています。

和食は素材を生かす料理なので、素材選びが重要です。「割烹里仙おせち」には、料理人が選び抜いた食材をその食材に適した調理法で料理した伝統料理の数々が並んでいます。

《東京正直屋》「銀座割烹里仙和風三段重」のお取り寄せは

《東京正直屋》のその他のおせちのお取り寄せは

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

正直屋のおせちの口コミ・感想は
▼ ▼ ▼
正直屋のおせちをお取り寄せしたら想定外のおいしさに感激

初出:2013.11.1 更新:2017.9.20-10.06

《東京正直屋》和洋中三段重はコンパクトな少人数向け。🎍

大正時代創業の仕出し屋「正直屋」の和洋中三段重なら、少人数でも和食、洋食、中華が楽しめます。
全37種類もの料理にワクワクします。

一般におせちは、一部有名料亭の数量限定おせちを除き、工場でアルバイトやパートが作っています。しかし、「正直屋」は料亭で修行してきた料理人が手作りしています。

《東京正直屋》和洋中三段重のお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2017年11月17日午後11時59分まで)すると、日本全国送料無料です。

《東京正直屋》のその他のおせちのお取り寄せは

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

正直屋のおせちの口コミ・感想は
▼ ▼ ▼
正直屋のおせちをお取り寄せしたら想定外のおいしさに感激

初出:2017.9.20-10.06

正直屋のおせちをお取り寄せしたら、想定外のおいしさに感激🎍

20130101DSC00965

20130101DSC00991

「あれっ? おいしいっ!」

正直屋のおせちを2013年元旦に食べたときの第一声です。
ごめんなさい。想定外でした、このおいしさは。

正直屋さんのおせちは、ぐるなび食市場の試食会で何度か食べさせていただいていました。試食した料理はほんの一部の料理だったからでしょうか、正直なところ、特別に感激するようなおいしさではなかったのですが、「ちゃんと職人の腕が感じられる仕事をしているし、ここなら外れはないな」と、そのくらいの感覚で頼みました。

20130101DSC01057

20130101DSC00988

ところが本商品を食べてみたら、想定外においしかったんです。煮物、焼き物、それぞれがきちんと素材の味をいかしつつ、出汁がきいた、まさに料亭の味。
味つけもいいですが、しっとりとした食感が、つくりおきの冷凍とは思えない味わいでした。

《正直屋》のおせちのお取り寄せは

20130101DSC00987

続きを読む "正直屋のおせちをお取り寄せしたら、想定外のおいしさに感激🎍" »

《東京正直屋》和風 三段重は、内容充実の堅実な選択!🎍

大正時代創業の東京の仕出し屋「正直屋」の和風二段重、生おせち「招福」です。

一般におせちは、一部有名料亭の数量限定おせちを除き、工場でアルバイトやパートが作っています。しかし、「正直屋」は料亭で修行してきた料理人が手作りしています。

和食は素材を生かす料理なので、素材選びが重要です。料理人が選び抜いた食材をその食材に適した調理法で料理した伝統料理の数々が並んでいます。
作りたてを冷蔵便で届ける生おせちを長年作ってきた仕出し屋ならではのおせちです。

《東京正直屋》和風 三段重のお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.12.11 更新:2017.12.02

ワケありを待つワケまちおせち、《正直屋》の迎春おせちを試食しました!🎍

20121207DSC05064

ぐるなび食市場の今年3回目の試食会に行ってきました。
前回も食べさせていただいた正直屋のおせちは、12月4日放送の「スーパーJチャンネル」にも登場した年明け配達の迎春おせち。

おせちは年末に届くため、我が家でもおせちが届く日は出かけることができません。まして年末前から実家に帰ってしまっているおうちでは、おせちのお取り寄せなんて夢のまた夢。
そこで正直屋が用意したのは、年が明けてから1月2日から1月20日までの指定日に届けてもらえる迎春おせち。だんなさんの実家ではくつろげなかった嫁としては、実家から帰宅して、自分の家で落ち着いておせちを食べたかったりしません?

また独身族や主婦友の新年会にもこれはおすすめ!
冷凍庫から前の日に冷蔵庫に移しておいて、当日は食卓に出すだけでぱっと華やかに新年気分が盛り上がります。

正直屋のおせちは料亭で修行した料理人が作っているので、ひとつひとつ職人の技が感じられます。
小だこ丸ごとの酢だこは、ひとつひとつゴマで目がつけてあったのにはびっくり。
しいたけをはじめ、煮物はたっぷりと出汁がしみこんでいて、おいしくいただけました。

《正直屋》のおせちのお取り寄せは

20121207DSC05192

続きを読む "ワケありを待つワケまちおせち、《正直屋》の迎春おせちを試食しました!🎍" »

《正直屋》のおせちには、料理人の仕事が感じられました。🎍

20121010DSC01135

先日「正直屋」のおせちを試食させていただきました。

「正直屋」は大正年間に創業した東京の仕出し屋さんです。いまでいうケータリングですね。

おせちはレシピこそ料理人が考えても、実際の調理は、一般的には工場でアルバイトやパートが行っています。しかし「正直屋」は料亭で修行した料理人が作っています。
日本料理は元々あまりびしっとしたレシピがありません。それぞれの料理人が、その日の食材を自分の目で選び抜き、その食材と語りつつ、最適な調理法で仕上げる、そういう料理です。

たとえばこの左奥の黄色い、松かさくわい。さまざまな形をしたクワイを、ちょうど形よくなるように整えて、切り目を入れて、松かさの形に仕上げています。
こういうところに、料理人の仕事を感じます。

東京の料理ながら、味は上品な薄味でした。昆布巻も甘辛ではありませんでした。
ほっこりした、いい味わい。

いただいたのは《正直屋》冷凍おせち「慶春」三段重ですが、2018年は新たなラインアップが登場しています。

 

続きを読む "《正直屋》のおせちには、料理人の仕事が感じられました。🎍" »

三越・伊勢丹オンラインストア