冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 10万円以上のおせち

《築地 日本料理 つきぢ田村》三段重は、贅を尽くした新春の逸品。

日本の料亭の中でも指折りの店で、わたしが築地にある日本一の広告代理店の子会社にいたとき、広告代理店から出向してきていた専務は、広告代理店のトップを接待するときには、必ず築地の田村を使っていました。

政財界のおえらがたに愛される店ですが、決して、いやみな店ではありません。えらそうにうまいものを食わせてやるという考えはもうとうなく、あくまでお客様を大事にする店。

35年ほど前にはランチタイムに、女性専用ランチをいち早く始めようと試したこともありました。わたしはそのときランチを食べに行ったことがあります。小娘だったわたしにも丁寧な対応で、本当に気持ちの良い接客でした。
その築地田村のちょっと贅沢なおせちです。 価格の桁をお間違いなくご確認あれ。

盛り付け済みを冷蔵便で届けてくれます。配達地域はクリックして飛び先でご確認ください。

【献立内容】

《1段目伊達巻、かまぼこ、鮎昆布巻、鮭甘露煮、数の子西京煮、いくら、からすみ、はじかみ、このわた、松かさ鮑、ごまめ、おがわサーモン、鶏松風焼

2段目鰆西京焼、栗きんとん、ローストビーフ、小鯵南蛮漬、車海老つや煮、ぶどう豆、煮梅、百合根みつ煮、鴨のロース、菊かぶ

3段目高野豆腐、こんにゃく、鶴小芋、穂付竹の子、堀川牛蒡、粟麩オランダ煮、椎茸、蓮根、梅くわい、梅人参、梅麩、絹さや

《築地 日本料理 つきぢ田村》三段重のお取り寄せは

●老舗料亭のおせち ●大人数用 ●和のおせち ●生おせち(冷蔵便)●冷蔵
●盛付け済み ●10万円以上 ●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「三越」 ●「大丸松坂屋」 ●伊勢丹

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、

お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.11 更新:2015.10.20

《シェ松尾 青山サロン》フランス料理二段重は、エスプリの集大成。

日本のハウスレストランの先駆けで美食の名門《シェ松尾》。至高の技と贅を極めた、本格的なフレンチのおせちです。 

【献立内容】

《一 の重サーモンリエットのグリーンボール、クリームチーズとスモークサーモンのトゥールビヨン、トリュフとフォアグラのマカロン、エスカルゴのパイ包み焼き、和 牛サーロインの塩釜焼きトリュフ添え、帆立貝と真鯛の燻製カラスミ添え、オマール海老のソーテルヌ風味、国産黒鮑のコンソメ煮、キャビア、海の幸のアス ピック、オリーブマリネ、カンパーニュパテのアンクルート

 

二の重カニとアスパラのレムラードガトー仕立て、パルマ産生ハムのポーピエット、サーモンムースのスワン仕立て、和牛フィレ肉のパイ包み焼きウェリントン風、 ジャンボンぺルシェブルゴーニュ風、ホロホロ鶏のヴァロンティーヌ、シャラン鴨のロティ 軽い燻製の香り 金柑のコンポート添え、ボタン海老・甘海老のテ リーヌ、天使の海老の燻製、トリュフとフォアグラのミルフィーユオペラ仕立て
別添え/ペリグーソース、クリスプブレッド

《シェ松尾 青山サロン》フランス料理二段重のお取り寄せは

●3~4人用 ●レストランのおせち ●洋風 ●生おせち(冷蔵便)●冷蔵
●盛付け済み ●10万円以上 ●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「三越」 ●「大丸松坂屋」 ●伊勢丹

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、

お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.11 更新:2015.10.20

《京都 岡崎 つる家》和風二段重は、国賓をもてなしてきた味。

つる家の贅をこらしたおせちは、初代が考案した、どの方向から見ても正面になる盛り付けで、大勢が集まるお正月の食卓に最適な5-6人用おせちです。
ひと手間、ふた手間加えられた料理の数々に魅了されます。

つる家は明治に大阪・北浜で創業した料亭ですが、昭和3年に、昭和天皇の即位の大礼が京都御所で行われ、全国から貴族院議員などが京都に集まるに際 して、つる家が宿泊や食事を用意したことをきっかけに、京都店を開店しました。以降、皇族や、ダイアナ妃といった国賓などを京都で迎えてきた名店です。

【献立内容】

《壱の重
鯛生寿司、さごし銀造り、御幣からすみ、身巻サーモン、鮃龍飛巻、手綱巻、車海老黄身博多押し、紅白鮃薯蕷、蓬莱山(龍飛昆布巻)、小梅甘酢漬、三色豆竹 輪、千鳥胡瓜塩漬、千代結び蒲鉾、角甘草塩漬、つく羽根甘酢漬、はじかみ甘酢漬、田作り、菊花かぶら甘酢漬、千代呂木甘酢漬、鶏肉照焼青竹串、笹千社唐塩 漬、鶉照焼青竹串、土筆塩漬、青唐辛子塩茹射込、まながつお味噌漬、甘鯛味噌漬、車海老艶煮、烏賊雲丹焼、栗甘露煮、渋皮栗甘露煮、鶴(鶉卵塩茹)、亀 (人参塩漬)、紅白小袖蒲鉾、雲丹小袖蒲鉾、編笠柚子、べっ甲玉子、もろこ甘露煮、金柑甘露煮、より人参、蛤入いくら、たたき牛蒡、結び昆布、白魚白煮、 青海苔

弐の重
花百合根旨煮、松笠鮑やわらか煮、鯛子旨煮、絹さや旨煮、蕗旨煮、一寸豆旨煮、数の子しょう油漬、梅麩旨煮、穴子昆布巻、豆くわい旨煮、大葉百合根旨煮、筍土佐煮、海老丸、鶉丸、穴子鳴門巻、手毬麩旨煮、松葉うど、松葉柚子、ぶどう豆、木ノ芽、棒鱈

《つる家》和風二段重のお取り寄せは

●老舗料亭のおせち ●大人数用 ●和のおせち ●生おせち(冷蔵便)●冷蔵
●盛付け済み ●10万円以上 ●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「大丸松坂屋」 ●京都

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、

お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.10 更新:2014.10.16 再更新:2015.10.29

《大阪 高麗橋吉兆》 和風 二段(3人用)は、おせちの頂点。

珍しい、本当の一人用おせちを老舗料亭が作りました。

風情、もてなし、 味すべてにおいて最高との誉れ高い京都吉兆嵐山本店の贅を尽くしたおせちです。
鮑やわらか煮、うなぎ印籠焚など、ひとつひとつ、味を確かめながら、じっくり味わいたい料理が京都から届きます。

●「京都吉兆嵐山本店」
●一人用おせち
●和のおせち

●生おせち(冷蔵便)
●盛付け済み
●老舗料亭
●1万5千円前後のおせち
●「髙島屋」
●「大丸松坂屋」

 

日本料理の頂点、【京都吉兆嵐山本店】おせち和風 二段 1人用の予約は

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.5 更新:2014.10.24 再更新:2015.10.29

なだ万 おせち重詰(5人用)・瓶詰セット

老舗料亭「なだ万」の贅を尽くした二段重おせちに、栗きんとんや松前漬などの瓶詰め5瓶がついたセットです。

なだ万は天保年間(1700年代)に大阪に創業、多くの名士たちに愛されてきました。夏目漱石の「行人」や森鴎外の「小倉日記」などにも、なだ万の名が出てきます。大正年間にはなだ万の三代目が、西園公望公から渡欧の随行料理人として選ばれました。
明治時代には今日のスーパーマーケットの先駆者とも言うべき総合食料品店を開き、当時最先端だったパンを売ったり、大正年間には食料品専門デパートを解説して、洋式ホテルも経営するなど、先駆的に食の世界を歩んできました。
現在は本店を大阪から、ホテルオークラ内に移し、「なだ万本店山茶花荘」としました。1986年の東京サミットの公式晩餐会はここで行われました。

【献立内容】

《1段目》
鯛松皮ずし、さごし生ずし、紅鮭温燻、金箔鯛昆布巻、いくら醤油漬、花酢蓮根、叩き酢牛蒡、菊花蕪、紅梅人参、白梅蕪、生姜酢漬、千代呂木、突羽根、黒豆、紅白熨斗蒲鉾、唐墨、田作り、数の子土佐和え、車海老黄味鮨、子持昆布、裏白椎茸、編笠柚子
《2段目》
甘鯛柚香焼、鰻山椒煮、烏賊酒盗雲丹焼、まながつお味噌焼、鰆西京焼、牛肉巻、子持鮎姿煮、合鴨ペッパー燻製、海老厚焼玉子、鰊松前煮、有平蒟蒻、 寒竹の子土佐煮、梅花人参、笹きぬさや、八橋牛蒡、亀甲小芋、芽慈姑、松笠慈姑、丸鈴慈姑、角鈴慈姑、車海老艶煮、松笠流れ子、松葉柚子、はじかみ

《なだ万》 おせち重詰(5人用)・瓶詰セットのお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報はお買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.19 更新:2017.09.12

《青柳》和風おせち三段『古今』(カラスミ、黒豆付)は至高。

「古を今に映す」の心で、昔からの日本料理の技術に新しい風を吹き込んだ名料理人小山裕久氏の本拠です。「青柳」のおせちは三越、高島屋で老舗百貨店で扱われています。

小山裕久氏は徳島市に生まれで徳島「青柳」を経て、現在、東京・麻布台に本店の老舗料亭「青柳」を構える三代目主人です。40年にわたって数々の鯛料理をはじめとする名物料理で、多くの美食家を唸らせてきました。その総料理長・小山裕久氏がそのおもてなしの心を尽くした新春の味が堪能出来ます。

《青柳》和風おせち三段『古今』(自家製カラスミ、黒豆付)のお取り寄せは

そのほかの『青柳』のおせちのお取り寄せは

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.18 更新:201510.02 再更新2017.09.14

《高麗橋吉兆》 和風三段 (4人用)は、日本料理の技の結晶。

日本料理を文化として総合芸術の域にまで高めた吉兆の創業者、湯木貞一氏の心と技、そして湯木美術館を引き継ぐ高麗橋吉兆の贅を尽くした三段重。
器はいにしえの茶人に好まれた丸い器“やんぽ”を守り伝える、創業者心入れの器です。

クリック先で価格の桁の数え間違いにご注意ください。

《高麗橋吉兆》 和風三段 (4人用)のお取り寄せは

《高麗橋吉兆》のその他のおせちのお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.18 更新:2015.11.1 再更新:2017.09.15

三越・伊勢丹オンラインストア