冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 10万円以上のおせち

《築地 日本料理 つきぢ田村》三段重は、贅を尽くした新春の逸品。 🎍

日本の料亭の中でも指折りの店で、わたしが築地にある日本一の広告代理店の子会社にいたとき、広告代理店から出向してきていた専務は、広告代理店のトップを接待するときには、必ず築地の田村を使っていました。

政財界のおえらがたに愛される店ですが、決して、いやみな店ではありません。えらそうにうまいものを食わせてやるという考えはもうとうなく、あくまでお客様を大事にする店。

35年ほど前にはランチタイムに、女性専用ランチをいち早く始めようと試したこともありました。わたしはそのときランチを食べに行ったことがあります。小娘だったわたしにも丁寧な対応で、本当に気持ちの良い接客でした。
その築地田村のちょっと贅沢なおせちです。 価格の桁をお間違いなくご確認あれ。

盛り付け済みを冷蔵便で届けてくれます。配達地域はクリックして飛び先でご確認ください。

《築地 日本料理 つきぢ田村》三段重のお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2017年11月17日午後11時59分まで)すると、日本全国送料無料です。

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.11 更新:2015.10.20 再更新:2017.10.01

《シェ松尾 青山サロン》フランス料理二段重は、エスプリの集大成。🎍

日本のハウスレストランの先駆けで美食の名門《シェ松尾》。至高の技と贅を極めた、本格的なフレンチのおせちです。

《シェ松尾 青山サロン》フランス料理二段重のお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2017年11月17日午後11時59分まで)すると、日本全国送料無料です。

《東京・渋谷 シェ松尾》のおせちは【大丸松坂屋オンラインショッピング】へ!

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.11 更新:2015.10.20 再更新:2017.10.01

《京都 岡崎 つる家》和風二段重は、国賓をもてなしてきた味。🎍

つる家の贅をこらしたおせちは、初代が考案した、どの方向から見ても正面になる盛り付けで、大勢が集まるお正月の食卓に最適な5-6人用おせちです。
ひと手間、ふた手間加えられた料理の数々に魅了されます。

つる家は明治に大阪・北浜で創業した料亭ですが、昭和3年に、昭和天皇の即位の大礼が京都御所で行われ、全国から貴族院議員などが京都に集まるに際 して、つる家が宿泊や食事を用意したことをきっかけに、京都店を開店しました。以降、皇族や、ダイアナ妃といった国賓などを京都で迎えてきた名店です。

《つる家》和風二段重のお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2017年11月17日午後11時59分まで)すると、日本全国送料無料です。

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.10 更新:2014.10.16 再更新:2015.10.29 再々更新:2017.10.01

《高麗橋吉兆》 和風 二段は、和の心を極めたおせちの頂点。🎍

風情、もてなし、 味すべてにおいて最高との誉れ高い高麗橋吉兆の贅を尽くしたおせちです。
目にも嬉しい多彩なお料理をひとつひとつ、味を確かめながら、じっくり味わいたい料理が京都から届きます。

《高麗橋吉兆》和 二段重のお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2017年11月17日午後11時59分まで)すると、日本全国送料無料です。

《高麗橋吉兆》のその他のおせちは【大丸松坂屋オンラインショッピング】にもあります!

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.5 更新:2014.10.24 再更新:2015.10.29 再々更新:2017.10.02

《なだ万》の究極のおせち、和 三段重は初春が満開。🎍

老舗料亭「なだ万」の贅を尽くした三段重おせちです。

なだ万は天保年間(1700年代)に大阪に創業、多くの名士たちに愛されてきました。夏目漱石の「行人」や森鴎外の「小倉日記」などにも、なだ万の名が出てきます。大正年間にはなだ万の三代目が、西園公望公から渡欧の随行料理人として選ばれました。
明治時代には今日のスーパーマーケットの先駆者とも言うべき総合食料品店を開き、当時最先端だったパンを売ったり、大正年間には食料品専門デパートを解説して、洋式ホテルも経営するなど、先駆的に食の世界を歩んできました。
現在は本店を大阪から、ホテルオークラ内に移し、「なだ万本店山茶花荘」としました。1986年の東京サミットの公式晩餐会はここで行われました。

《なだ万》和 三段重のお取り寄せは

そのほかの《なだ万》のおせちは、【大丸松坂屋オンラインショッピング】にもあります!

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報はお買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.19 更新:2017.09.12&09.23-10.02

《青柳》和 二段重は至高の取り合わせ。 🎍

「古を今に映す」の心で、昔からの日本料理の技術に新しい風を吹き込んだ名料理人小山裕久氏の本拠です。「青柳」のおせちは三越、高島屋で老舗百貨店で扱われています。

小山裕久氏は徳島市に生まれで徳島「青柳」を経て、現在、東京・麻布台に本店の老舗料亭「青柳」を構える三代目主人です。40年にわたって数々の鯛料理をはじめとする名物料理で、多くの美食家を唸らせてきました。その総料理長・小山裕久氏がそのおもてなしの心を尽くした新春の味が堪能出来ます。

《青柳》和 二段重のお取り寄せは

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.18 更新:201510.02 再更新2017.09.14-09.23-10.02

《東京 吉兆》 和 二段重は、美しい日本料理の技の結晶。🎍

日本料理を文化として総合芸術の域にまで高めた吉兆の創業者、湯木貞一氏の心と技、そして湯木美術館を引き継ぐ高麗橋吉兆の贅を尽くした二段重。
器はいにしえの茶人に好まれた丸い器“やんぽ”を守り伝える、創業者心入れの器です。

クリック先で価格の桁の数え間違いにご注意ください。

《高麗橋吉兆》 和 二段重のお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.18 更新:2015.11.1 再更新:2017.09.15-09.23-10.02

三越・伊勢丹オンラインストア