冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 「岩元」おせちミニ三段重は細々と目にも楽しいおせちでした

「岩元」おせちミニ三段重は細々と目にも楽しいおせちでした

20110103DSC09726

■ミニながら、細々と手をかけた35種類もの料理!

「昆布〆の入ったおせち」という連れ合いのリクエストで今回ウェルネスから取寄せた冷凍おせちは、、京都の日本料理屋「岩元」のおせちミニ三段重。

ミニなので、我が家の冷凍庫にもすっぽり収まる小ささでしたが、お重を開けると、思わず
「うわーっ、かわいいっ!」
と思わず声が出てしまう、細々と手を加えた、かわいらしいご馳走が並んでいました。

ミニながらお料理の種類は35種類!
黒豆や伊達巻、田作りなどの基本的なおせちは押さえつつ、その中に豚角煮なども加えられていて、どれを食べようか、箸が迷う楽しさでした。

お取り寄せは
■【ヤフーショッピング】岩元ミニおせち三段重

■【楽天市場】岩元ミニおせち三段重

※品名は店によって「ミニおせち三段重」だったり、「京金華三段重」だったり、異なりますが、中身は同じです。

 

DSC09592

DSC09266
DSC09634
DSC09628

■ひと手間がうれしいご馳走たち

たとえば栗の甘露煮には焼き印が押してあったり、ホタテや黒豆に金箔がのせてあったり…ひと手間かけられて美しく、目を楽しませてくれます。

特に手間がかかっているなあと思ったのが紅白錦糸巻。キュウリや鮭、卵を鳴門状に巻き上げた、切り口も美しい一品。

羊羹の梅かんざしも小さいのにきれいな形でした。


■塗りの料理盆に載せて、今年もお正月を華やかに

一日では食べきれない我が家では、傷まないように、「岩元」のおせちミニ三段重食べる分だけ、塗りの料理盆に載せて出しています。

今年は刺身と数の子を別に添えて、お雑煮と共に並べた、こんなお正月の食卓でした。

左の写真は連れ合いのお目当ての昆布〆。さごしを肉厚の昆布で挟んでありました。


DSC09689 DSC09655