冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 『上海蟹』好きの口の肥えたあなたに、すすめたい鳥取のセコガニ。🎍

『上海蟹』好きの口の肥えたあなたに、すすめたい鳥取のセコガニ。🎍

DSC03912

蟹の本当のおいしさを知りたいなら、小さな、小さなセコガニ

蟹と言えば、立派なズワイガニの脚を食べるイメージですか?
あれはあれで「蟹を食べた!」満足感ありますね。
でも、蟹のギュッとうまみがつまった味、中でも蟹の子のうまさを味わいたいなら、鳥取のセコガニを食べなきゃ!
セコガニを食べずして、蟹を語るな!と言いたいです。
ことにいまや超高級品となって、なかなか口にするのが難しい上海蟹が好きな、口のおごった人には、「日本のカニを食べるなら、鳥取のせこがにを食べなさい」と言いたい。

ぐるなび食市場の「カニ試食会」で北海道のズワイガニ、タラバガニ、毛ガニ、越前の越前かに、鳥取のズワイガニ、そしてセコガニを食べ比べる機会がありましたが、最後に感想を聞かれたみなさんが口々に言ったのがセコガニのおいしさでした。
見た目小さくて、食べるところがなさそうで、魅力が伝わりにくいのですが、地元ではズワイガニより愛されているセコガニ。あの美味がお取り寄せなら日本全国で味わえる時代なんですよね。

フォーシーズンのセコガニは1枚たった300円。12枚以上で送料も無料。
1万円以上買っても送料無料なので、ズワイガニとセットで買ってもいいですね。

お取り寄せは!

DSC01596

20131205DSC01575

セコガニとはズワイガニの母蟹

「セコガニ?それ、なに?」
という方、多いでしょうね。

お取り寄せの時代になるまでは、どこでも地元で消費され、決して県外に出回ることがなかった、ズワイガニの母蟹のことです。
鳥取では「セコガニ」あるいは「親ガニ」と呼びます。
ちなみに金沢では「香箱ガニ」、福井県では「セイコガニ」。

オスのズワイガニは、甲羅が10~18cm、脚を広げると大きいものは70cmくらい、重さが500g~2kgに対して、セコガニは甲羅も半分ほどの大きさだし、脚も短く、重さは100~150gていど。
外子と内子を抱いていたセコガニは、11月初頭から12月末まで2カ月足らずしか手に入らない貴重品。

セコガニは殻がズワイガニよりも薄くて、柔らかいカニです。食べるときも手で簡単に分解して食べることができます。さすがに脚のところははさみを使いますけどね。

20131205DSC01484

DSC03901

鳥取の魚介は日本一

年に数十回、国内出張を繰り返しているわたしに、先日、友人が
「いままでで一番おいしかったものは?」
わたしの答えは
「米子の町の居酒屋で食べたごはん」

そりゃ、北海道の朝市のごはんもおいしかったですよ、金沢の料亭のお弁当もおいしかったですよ、湯布院の名旅館のごはんの絶品ぶり、松江の旅館の夕飯の豪華さとか、説明の言葉も出ませんよ。
だけど、何を頼んでも食材、ことに魚介の味のレベルが高くて、食べるためだけに、この地にまた来たいと思った場所は鳥取県米子。
それも行ったのは特別のお店ではなく、町の居酒屋。隣では会社帰りのサラリーマンが数人で飲み交わしていました。
頼んだ寿司の海老があまりにおいしくて、海老の寿司だけ追加で頼んだら、新鮮な海老をさばいて作った寿司に、その頭を空揚げにして添えてきてくれたときの感激。新鮮でなければできない技。
「日本海の魚介はどれもおいしいけど、中でも鳥取は格別おいしい」

金沢でもさんざん香箱ガニを食べたわたしですが、鳥取のセコガニの味の凝縮っぷり、素直にまんま食材の味がすごいと感服しました。

上の写真のように、ずわいがにの脚もいただいたのですが、これがまたうまみの強い、口の中でじっくりと味を楽しみたくなる脚でした。フォーシーズンでは肩肉など入れていない、特大の脚だけのセットが売っています。かにしゃぶとかにいいですよねえ、これ。

お取り寄せは!

注文のコツは「届けてほしくない日」指定

フォーシーズンではその日獲れたセコガニを新鮮な内に届けてくれるんですが、それだけに届け日指定はできません。海が荒れた日は船が出ませんからね。
あくまで予約という形です。
だから届け日指定の代わりに、「この日はいない!」、「この日は届けちゃ嫌」という日を指定して注文しましょう。

20131205DSC01552

セコガニの食べ方

上海蟹の蒸したのを食べたことがある人なら、「上海蟹の食べ方」で説明終わっちゃうんですけど…。
外子と呼ばれる外から見える卵の上にかぶったおなかの殻にゆびをかけて開くようにして、殻を外します。なんて説明したらいいかなあ…。マカロンをふたつに分けるような感じかなあ?

反対側の殻も簡単に外すことができ、下の写真のような状態になります。ここで外子をじっくり楽しみ、内側にあるねっとりした内子(一番下の写真)も楽しみ、それからおもむろに脚を折ったり、切って、中の細いけどおいしい脚を食べたり…。

でも我慢強い奥様は全部分解して、中を出して、上の写真のように、空の中に足の身、内子、外子をまぜて盛り合わせます。超贅沢な味のできあがり~。

お取り寄せは!

一緒に

20131205DSC01591


20131205DSC01594