冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 北の漁師膳は海鮮が楽しめるおせちでした

北の漁師膳は海鮮が楽しめるおせちでした

20130123DSC02973

前から気になっていたおせち「北の漁師膳」と「北の市場膳」。個別包装の冷凍おせちのため、価格の割に豪華な北海道の海の幸が堪能できそうだと思っていました。
ちなみにこの2つのちがいは…年によってもちがうようで、前年の「北の漁師膳」のセットが今年は「北の市場膳」で売られ、今年の「北の漁師膳」は「北の市場膳」+きんきの姿煮だったり…。

冷凍おせちというのは、万が一の事態、たとえば運送中のトラックの事故などでおせちが注文者の元に届かないといった事態にに備えて、余分に作られています。
そういった余分に作られたおせちの賞味期限はだいたい1月末くらいまであるので、お正月が空けると、しばしば思いっきりお得な価格で売りに出されます。

今回は個別包装の冷凍おせちのセットを解体して、組みなおしたおせちをお取り寄せしました。ちなみに注文したのは「北の市場膳」という品名でしたが、届いた箱には「北の漁師膳」と書かれていました。うん、ますます、この2つ、ちがいがわかりにくい。

本来、「北の漁師膳」は9種類の料理が入ったパックが2段に、カニやエビ、アワビという贅沢海鮮が入った1段の計3段重です。

今回の「北の市場膳」は2段の18種類の内の9種類の料理が入った一段と、「脚折れ」というワケアリのズワイガニがたっぷりはいった一段の2段セットで届きました。

入っていた9種類の料理は「サロマ浜炊きほたて」、「お煮しめ」、「時鮭柚庵焼」、「メロンカタラーナ」、「北海黒豆」、「たたきごぼう」、「たこやわらか煮」、「百合根きんとん」、「北海縞海老艶煮」でした。

20130123DSC02823

 

20130123DSC02878

個別包装のおせちは、スーパーのバラで売っているおせち料理のイメージで、味付けが濃かったり、大雑把な料理なのではないかと思っていたのですが、ひとつひとつ丁寧な味でした。

格別に凝った料理が入っているわけではありませんが、さすが北海道、元の素材がいいので、シンプルでもおいしい料理ばかり。

デザート王国だけに、スイーツもおいしくいただけました。

もちろんカニは二人で食べるにはたっぷりすぎるくらいの量で、カニ三昧を楽しめました。

20130123DSC02994