冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018お取り寄せおせち料理予約ガイド > 「美濃吉」

《京料理 美濃吉》和風おせち二段重は、基本を極めた傑作。

鴨川に臨む三条大橋のたもとにて創業して以来290余年、常に京料理の歴史とともに歩んできた京懐石の名店、「美濃吉」。 受け継がれてきた伝統の味を、目にも美しく、京の粋を二段重に仕立てました。日本料理の基本を極めた傑作で、折り目正しく新年をお迎えください。

【献立内容】

《1段目》
鳥味噌松風、日の出龍飛巻、鮭年輪巻、伊達巻、たらこ昆布巻、ぶどう豆、田作り、叩き牛蒡、合鴨ロース、袱紗玉子、数の子、あわび旨煮、初梅甘煮、海老艶煮、南天いくら、紅白柿なます、小鯛笹漬なます、花蓮根、つくばね、鶴かぶら

《2段目》
金柑甘煮、子持鮎甘露煮、烏賊真丈、栗きんとん、紅白小袖蒲鉾、胡桃甘煮、鰆柚庵焼、筍土佐煮、ふき時雨煮、亀甲小芋、六方くわい、菊かぶら、笹牛蒡旨煮、椎茸旨煮、千成人参、昆布巻

《京料理 美濃吉》和風おせち二段重のご予約は

●老舗料亭のおせち ●少人数用おせち ●和のおせち ●生おせち(冷蔵便)
●冷蔵 ●盛付け済み ●2万円前後 ●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「三越」 ●「大丸松坂屋」 ●伊勢丹 ●京都

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2015.12.2

《京料理 美濃吉》和風おせち三段重で、気軽に京懐石を堪能。

290余年続く老舗中の老舗、京懐石の名店「美濃吉」が、代々守り継いできた秘伝の技を凝らした京料理の粋が詰まった、美濃吉で最も高額なおせちです。「美濃吉」の創業は享保年間1700年代。明治時代の京都の旅行案内誌にも「美濃吉」の名が見られます。

当初は川魚料理店でしたが、昭和3年に大改装して、料亭になり、以降、政財界の名 士が集う店となりました。昭和7年には「味覚時報」という新聞を月一回刊 行、「家庭料理講座」としてレシピを掲載するなど、新しいことに取り組む店でした。昭和四十年代には、さらに増改築、高級料理を提供する場も残しつつ、富 山から合掌造りの建物を移築、若い女性も気軽に入れる和風お食事処も作り、当時、京弁当ブームを起こしました。

そんな《京料理 美濃吉》の歴史と伝統ある京懐石を、新春の宴で気軽に味わえます。

《京料理 美濃吉》和風おせち三段重のお取り寄せは

《京料理 美濃吉》和風おせち三段重と、
そのほかの《京料理 美濃吉》のおせちのお取り寄せは

●3~4人用●老舗料亭のおせち●和のおせち ●生おせち(冷蔵便)
●冷蔵 ●盛付け済み ●4万円前後 ●「髙島屋」 ●「三越」

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2015.10.6

《京料理 美濃吉》和風おせち一段は、京料理の雅をコンパクトに。

「美濃吉」の創業は享保年間1700年代です。明治時代の京都の旅行案内誌にも「美濃吉」の名が見られます。当初は川魚料理店でしたが、昭和3年に大改装して、料亭になり、以降、政財界の名士が集う店となりました。

昭和7年には「味覚時報」という新聞を月一回刊行、「家庭料理講座」としてレシピを掲載するなど、新しいことに取り組む店でした。

昭和四十年代には、さらに増改築、高級料理を提供する場も残しつつ、富山から合掌造りの建物を移築、若い女性も気軽に入れる和風お食事処も作り、当時、京弁当ブームを起こしました。
1人~2人前のおせちです。


【献立内容】

日の出龍飛巻、叩き牛蒡、花蓮根、伊達巻、鮎甘露煮、六方くわい、鰆柚庵焼、南天いくら、田作り、数の子、千成人参、栗きんとん、海老姿煮、昆布巻、鶴かぶら、紅白柿なます、紅白小袖蒲鉾、ぶどう豆、初梅甘煮、金柑甘煮

《京料理 美濃吉》和風おせち一段のお取り寄せは

●老舗料亭のおせち ●少人数用おせち ●和のおせち ●生おせち(冷蔵便)
●冷蔵 ●盛付け済み ●1万5千円前後のおせち●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「小田急百貨店」 ●「三越」 ●「大丸松坂屋」 ●伊勢丹 ●京都

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2014.10.17 更新:2015.11.10

《京料理 美濃吉》和風おせち二段重は、京懐石の神髄。

鴨川に臨む三条大橋のたもとにて創業して以来290余年、常に京料理の歴史とともに歩んできた京懐石の名店、「美濃吉」。 受け継がれてきた伝統の味を、目にも美しく、京の粋を二段重に仕立てました。

【献立内容】

《1段目》
叩き牛蒡、ぶどう豆、南天いくら、初梅甘煮、椎茸旨煮、紅白柿なます、紅白小袖蒲鉾、数の子、梅花人参、栗きんとん、あわび旨煮、からすみ、もろこ鞍馬煮、粉吹田作り、鳥味噌松風、八ッ橋海老、お多福豆麩、合鴨ロース、つくばね、紅白鶴かぶら、千社唐

《2段目》
絵馬くわい、編笠柚子、栗渋皮煮、鰤西京焼、鮭年輪巻、穴子八幡煮、筍土佐煮、伊達巻、棒鱈旨煮、伊勢海老雲丹焼、子持鮎甘露煮、花蓮根、穴子昆布巻、胡桃甘煮、うに博多押し、亀甲小芋、龍飛巻

《京料理 美濃吉》和風おせち二段重のお取り寄せは

●3~4人用●和のおせち ●生おせち(冷蔵便)●冷蔵 ●盛付け済み
●老舗料亭のおせち ●5万円前後 ●「髙島屋」 ●「三越」 ●京都

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2014.10.16 更新:2015.10.5

《京料理 美濃吉》和風おせち三段重で、京懐石の神髄を堪能。

290余年続く老舗中の老舗、京懐石の名店「美濃吉」が、代々守り継いできた秘伝の技を凝らした京料理の粋が詰まった、美濃吉で最も高額なおせちです。「美濃吉」の創業は享保年間1700年代。明治時代の京都の旅行案内誌にも「美濃吉」の名が見られます。

当初は川魚料理店でしたが、昭和3年に大改装して、料亭になり、以降、政財界の名士が集う店となりました。昭和7年には「味覚時報」という新聞を月一回刊 行、「家庭料理講座」としてレシピを掲載するなど、新しいことに取り組む店でした。昭和四十年代には、さらに増改築、高級料理を提供する場も残しつつ、富 山から合掌造りの建物を移築、若い女性も気軽に入れる和風お食事処も作り、当時、京弁当ブームを起こしました。

【献立内容】

《1段目》
白髪伊勢海老 真砂和え、南天いくら、ぶどう豆、手綱鱚、粉吹田作り、小判からすみ、梅花くわい、初梅甘煮、数の子べっ甲漬、のし梅、叩き牛蒡、千成人参、編笠柚子、千社唐、紅白鶴かぶら

《2段目》
香味あわび、袱紗玉子、筍土佐煮、帆立貝柱西京焼、鶉松風、真魚鰹西京焼、鮭年輪巻、鰻八幡煮、もろこ鞍馬煮、椎茸旨煮、穴子昆布巻、合鴨ロース、栗きんとん、つくばね

《3段目》
八ッ橋海老、餅花海老・鯛、子持鮎甘露煮、鰆柚庵焼、松皮鯛生寿司、鰻山椒煮、胡桃甘煮、烏賊千重巻、蓮根いとこ煮、床節旨煮、日の出龍飛巻、花百合根、栗渋皮煮、

《美濃吉》和風おせち三段重のお取り寄せは

●3~4人用 ●和のおせち ●冷蔵 ●盛付け済み ●10万円以上
●和のおせち ●老舗料亭 ●「美濃吉」 ●「東急百貨店」  ●「髙島屋」
●「小田急百貨店」  ●「三越」

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2014.10.16 更新:2015.10.2

 

《京料理 美濃吉》和風おせち三段重で、老舗料亭の味を満喫。

290余年続く老舗中の老舗、京懐石の名店「美濃吉」が、代々守り継いできた秘伝の技を凝らした京料理の粋が盛り込まれた、3-4人前のおせちです。

「美濃吉」の創業は享保年間1700年代。明治時代の京都の旅行案内誌にも「美濃吉」の名が見られます。
当 初は川魚料理店でしたが、昭和3年に大改装して、料亭になり、以降、政財界の名士が集う店となりました。昭和7年には「味覚時報」という新聞を月一回刊 行、「家庭料理講座」としてレシピを掲載するなど、新しいことに取り組む店でした。昭和四十年代には、さらに増改築、高級料理を提供する場も残しつつ、富 山から合掌造りの建物を移築、若い女性も気軽に入れる和風お食事処も作り、当時、京弁当ブームを起こしました。

なお、同じ「美濃吉」三段重でワンランク上の10万円前後のおせちもあります。

【献立内容】

《1段目》日の出龍飛巻、叩き牛蒡、粉吹田作り、初梅甘煮、南天いくら、ぶどう豆、数の子、紅白柿なます、筍土佐煮、紅白鶴かぶら、つくばね

《2段目》紅白小袖蒲鉾、伊達巻、菊かぶら、袱紗玉子、穴子八幡煮、合鴨ロース、あわび旨煮、鮭年輪巻、鳥味噌松風、胡桃甘煮、鰤西京焼、のし烏賊黄金焼、あすぱら牛肉巻、鰆柚庵焼

《3段目》棒鱈旨煮、花蓮根、椎茸旨煮、六方くわい、花豆甘煮、海老姿煮、子持鮎甘露煮、焼き目湯葉、よもぎ麩含め煮、穴子昆布巻、千成人参、梅花こんにゃく、栗きんとん

《京料理 美濃吉》和風おせち三段重のお取り寄せは

●3~4人用●老舗料亭のおせち ●和のおせち ●生おせち(冷蔵便)●冷蔵
●盛付け済み ●4万円前後 ●「東急百貨店」 ●「髙島屋」 ●「小田急百貨店」
●「三越」 ●「大丸松坂屋」 ●伊勢丹 ●京都

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2014.10.16 更新:2015.11.10

三越・伊勢丹オンラインストア