冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 「つば甚」

《金沢 つば甚》和風二段個食膳和は、小さな加賀百万石。

金沢の迎賓館として要人をもてなしてきた「つば甚」が、250年培ってきた技を駆使して作った、少人数用おせち。
同じおせち重が2段重なった形なので、2人で食べることもできますし、一人で2回楽しんだり、食事の時間が異なる家族がそれぞれ食べることもできます。
またお客様用としても大変気が利いたおせちです。

つば屋の歴史の始まりは、1752年(宝暦二年)。加賀百万石前田家の刀の鍔を作るお抱え鍔師であった三代目甚兵衛が、最初は友人知人をもてなしていたのですが、やがて商売として 「つば屋」が始めました。たちまち藩主はもとより藩内の重臣、文人、墨客も訪れ始め、 いつしか金沢を代表する料亭として、全国に知られるようになったそうです。「つば甚」とは、鍔師の甚兵衛から取られた名前のようですね。

【献立内容】一段目×2
松風、伊達巻、紅鮭昆布巻、柚子牛蒡、数の子粕漬、干柿バター博多押し、海老艶煮、煮アワビ、笹 麩、黒豆煮(金箔の せ)、栗きんとん(寿栗添え)、味付けいくら、鰤柚庵焼、はじかみ酢、蕪砧巻、桃蜜煮、金柑蜜煮、合鴨肉燻製、市松真薯、筍旨煮、蛸柔煮、棒鱈旨煮、山独 活旨煮、さつま芋レモン煮、ひさご人参煮

《金沢 つば甚》和風二段個食膳和のお取り寄せは

●一人前ずつセット(個食型)●和のおせち ●和洋おせち ●生おせち(冷蔵便)
●冷蔵●盛付け済み ●2万円前後 ●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「大丸松坂屋」 ●加賀・金沢

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.11 更新:2015.10.27

三越・伊勢丹オンラインストア