冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018お取り寄せおせち料理予約ガイド > 「つば甚」

《金沢 つば甚》和風三段重は、加賀料理の技が生きる逸品。

創業以来250年の伝統の技を駆使して作られた、 つば甚の三段重。加賀・能登をはじめ、全国から選りすぐった食材を使った、ワンランク上のおせちです。

この6万円もする三段重の他に、4万円前後の三段重もあります。

つば屋の歴史の始まりは、1752年(宝暦二年)。加賀百万石前田家の刀の鍔を作るお抱え鍔師であった三代目甚兵衛が、最初は友人知人をもてなして いたのですが、やがて商売として 「つば屋」が始めました。たちまち藩主はもとより藩内の重臣、文人、墨客も訪れ始め、 いつしか金沢を代表する料亭として、全国に知られるようになったそうです。「つば甚」とは、鍔師の甚兵衛から取られた名前のようですね。

【献立内容】

《1段目》
ふきのとう味噌、伊達巻、柚べし、松 風、ひさご厚焼玉子、才巻海老艶煮、黒豆煮(金箔のせ)、竹筒このわた、味付けいくら、ごり山椒炊き、蕪砧巻、平目龍皮巻、合鴨肉燻製、胡桃甘露煮

《2段目》
若桃蜜煮、網笠柚子、花百合根蜜煮、南高梅蜜煮、穴子八幡巻、子持鮎煮びたし、鰤柚庵焼、加賀丸芋と五郎島金時二色蒸し、田作り、オマール海老南蛮 漬、栗きんとん(寿栗添え)、鰆西京焼、はじかみ酢、柚子牛蒡、花蓮根酢漬、山独活旨煮、鱈子昆布巻、梅人参煮、亀甲くわい旨煮

《3段目》
結び乃し 梅、真鯛昆布〆、筍旨煮、棒鱈旨煮、松茸旨煮、わらびたまり漬、さつま芋レモン煮、柚子釜 笹小鯛紅白なます、干口子、蒸しアワビ、数の子粕漬、市松真 薯、干柿バター博多押し、甘海老わさび漬、子持昆布、わらびイカ、唐千寿イカ包み、紅鮭昆布巻、ポン酢なまこ

《金沢 つば甚》和風三段重のお取り寄せは

●老舗料亭のおせち ●大人数用 ●和のおせち ●6万円以上
●「東急百貨店」 ●「髙島屋」●「大丸松坂屋」●加賀・金沢

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2015.11.14

《金沢 つば甚》和風二段個食膳和は、小さな加賀百万石。

金沢の迎賓館として要人をもてなしてきた「つば甚」が、250年培ってきた技を駆使して作った、少人数用おせち。
同じおせち重が2段重なった形なので、2人で食べることもできますし、一人で2回楽しんだり、食事の時間が異なる家族がそれぞれ食べることもできます。
またお客様用としても大変気が利いたおせちです。

つば屋の歴史の始まりは、1752年(宝暦二年)。加賀百万石前田家の刀の鍔を作るお抱え鍔師であった三代目甚兵衛が、最初は友人知人をもてなしていたのですが、やがて商売として 「つば屋」が始めました。たちまち藩主はもとより藩内の重臣、文人、墨客も訪れ始め、 いつしか金沢を代表する料亭として、全国に知られるようになったそうです。「つば甚」とは、鍔師の甚兵衛から取られた名前のようですね。

【献立内容】一段目×2
松風、伊達巻、紅鮭昆布巻、柚子牛蒡、数の子粕漬、干柿バター博多押し、海老艶煮、煮アワビ、笹 麩、黒豆煮(金箔の せ)、栗きんとん(寿栗添え)、味付けいくら、鰤柚庵焼、はじかみ酢、蕪砧巻、桃蜜煮、金柑蜜煮、合鴨肉燻製、市松真薯、筍旨煮、蛸柔煮、棒鱈旨煮、山独 活旨煮、さつま芋レモン煮、ひさご人参煮

《金沢 つば甚》和風二段個食膳和のお取り寄せは

●一人前ずつセット(個食型)●和のおせち ●和洋おせち ●生おせち(冷蔵便)
●冷蔵●盛付け済み ●2万円前後 ●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「大丸松坂屋」 ●加賀・金沢

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2012.10.11 更新:2015.10.27

《金沢 つば甚》和風二段重は、加賀・能登の重厚な味わい。

金沢の迎賓館として要人をもてなしてきた「つば甚」が、250年培ってきた技を駆使して作った、少人数用おせち。

つば屋の歴史の始まりは、1752年(宝暦二年)。加賀百万石前田家の刀の鍔を作るお抱え鍔師であった三代目甚兵衛が、最初は友人知人をもてなしていたのですが、やがて商売として 「つば屋」が始めました。たちまち藩主はもとより藩内の重臣、文人、墨客も訪れ始め、 いつしか金沢を代表する料亭として、全国に知られるようになったそうです。「つば甚」とは、鍔師の甚兵衛から取られた名前のようですね。

【献立内容】

《1段目
小川サーモン、サーモンマリネ、伊達巻、松 風、笹小鯛紅白なます、干柿バター博多押し、味付けいくら、黒豆煮(金箔の せ)、市松真薯、射込み牛蒡、田作り、数の子粕漬、才巻海老艶煮、栗きんとん(寿栗添え)、ごり山椒炊き、手まり餅、牛タンスモーク、わかさぎ昆布巻、な まこ吟醸粕漬
《2段目
鱈子昆布巻、蛸柔煮、棒鱈旨煮、わらびたまり漬、鳥南蛮漬、筍旨煮、さつま芋レモン煮、穴子八幡巻、山独活旨煮、亀甲くわい 旨煮、ひさご人参煮、真鯛昆布〆、柚子牛蒡、鰤柚庵焼、はじかみ酢、金柑蜜煮、お多福豆甘露煮、結び乃し梅、加賀丸芋と五郎島金時二色蒸し、紅鮭昆布巻、 合鴨肉燻製

《金沢 つば甚》和風二段重のお取り寄せは

●老舗料亭のおせち ●少人数用おせち ●和のおせち ●生おせち(冷蔵便
●冷蔵 ●盛付け済み ●3万円前後●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「大丸松坂屋」●加賀・金沢

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.4 更新:2015.10.29

《金沢 つば甚》和風三段重は、加賀料理の技が生きる逸品。

創業以来250年の伝統の技を駆使して作られた、 つば甚の三段重。加賀・能登をはじめ、全国から選りすぐった食材を使った、ワンランク上のおせちです。

この4万円もする三段重の他に、6万円前後の三段重もあります。

つば屋の歴史の始まりは、1752年(宝暦二年)。加賀百万石前田家の刀の鍔を作るお抱え鍔師であった三代目甚兵衛が、最初は友人知人をもてなしていたのですが、やがて商売として 「つば屋」が始めました。たちまち藩主はもとより藩内の重臣、文人、墨客も訪れ始め、 いつしか金沢を代表する料亭として、全国に知られるようになったそうです。「つば甚」とは、鍔師の甚兵衛から取られた名前のようですね。





【献立内容】

《1段目
小川サーモン、サーモンマリネ、伊達巻、松 風、笹小鯛紅白なます、干柿バター博多押し、味付けいくら、黒豆煮(金箔の せ)、市松真薯、射込み牛蒡、田作り、数の子粕漬、才巻海老艶煮、栗きんとん(寿栗添え)、ごり山椒炊き、手まり餅、牛タンスモーク、わかさぎ昆布巻、な まこ吟醸粕漬
《2段目
鱈子昆布巻、棒鱈旨煮、蛸柔煮、わらびたまり漬、五三竹旨煮、ふきのとう味噌、能登蕗旨煮、鰆西京焼、鰤柚庵焼、はじかみ 酢、花蓮根酢漬、柚子牛蒡、笹 麩、若桃蜜煮、網笠柚子、花百合根蜜煮、しぶ皮栗、南高梅蜜煮、加賀丸芋と五郎島金時二色蒸し、紅鮭昆布巻、松茸旨煮、筍 旨煮、穴子八幡巻、さつま芋レモン煮、山独活旨煮、梅人参煮、亀甲くわい旨煮
《3段目
お多福豆甘露煮、金柑蜜煮、鳥南蛮漬、胡桃甘露煮、せんな旨煮、ふくさ焼、結び蒲鉾、真鯛昆布〆、いか黒作り、合鴨肉燻、蕪砧巻、結び乃し梅、赤ずいき酢漬、松前漬

《金沢 つば甚》和風三段重のお取り寄せは

●老舗料亭のおせち ●大人数用●和のおせち●生おせち(冷蔵便)●冷蔵
●盛付け済み ●4万円前後 ●「東急百貨店」 ●「髙島屋」
●「大丸松坂屋」 ●加賀・金沢 ●「金茶寮」

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、
お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.2 更新:2015.11.1

三越・伊勢丹オンラインストア