冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2018おせちガイドby暮らし通 > 「ぐるなび食市場」

北の漁師膳は、海鮮が楽しめるおせちでした。🎍

20130123DSC02973

前から気になっていたおせち「北の漁師膳」と「北の市場膳」。個別包装の冷凍おせちのため、価格の割に豪華な北海道の海の幸が堪能できそうだと思っていました。
ちなみにこの2つのちがいは…年によってもちがうようで、前年の「北の漁師膳」のセットが今年は「北の市場膳」で売られ、今年の「北の漁師膳」は「北の市場膳」+きんきの姿煮だったり…。

冷凍おせちというのは、万が一の事態、たとえば運送中のトラックの事故などでおせちが注文者の元に届かないといった事態にに備えて、余分に作られています。
そういった余分に作られたおせちの賞味期限はだいたい1月末くらいまであるので、お正月が空けると、しばしば思いっきりお得な価格で売りに出されます。

今回は個別包装の冷凍おせちのセットを解体して、組みなおしたおせちをお取り寄せしました。ちなみに注文したのは「北の市場膳」という品名でしたが、届いた箱には「北の漁師膳」と書かれていました。うん、ますます、この2つ、ちがいがわかりにくい。

本来、「北の漁師膳」は9種類の料理が入ったパックが2段に、カニやエビ、アワビという贅沢海鮮が入った1段の計3段重です。

今回の「北の市場膳」は2段の18種類の内の9種類の料理が入った一段と、「脚折れ」というワケアリのズワイガニがたっぷりはいった一段の2段セットで届きました。

入っていた9種類の料理は「サロマ浜炊きほたて」、「お煮しめ」、「時鮭柚庵焼」、「メロンカタラーナ」、「北海黒豆」、「たたきごぼう」、「たこやわらか煮」、「百合根きんとん」、「北海縞海老艶煮」でした。

20130123DSC02823

 

続きを読む "北の漁師膳は、海鮮が楽しめるおせちでした。🎍" »

《板前魂》和・洋・中 三段重おせち『花籠』(冷凍)は、味のパラダイス。🎍

お重三段に、腕自慢の板前が技と心意気を尽くしたおせち料理がたっぷり。
わたしはこの「板前魂」のおせちは二度ほど食べましたが、見た目は地味ですが、それぞれの素材の食感が生かされていて、ぱっと見の印象を良い意味で裏切る、なかなかの味のでした。
《板前魂》のおせちの感想は板前魂の三段重おせち【富士】は予想を裏切るおいしさ

「板前魂」のおせちは以前は本店、楽天市場店など、店によって各おせちが中身は同じながら愛称が異なっていましたが、2013年分(2012年発売分)のおせちからは、名称が統一されました。

「板前魂」のおせちのお重は白木箱と、発泡スチロール箱があります。

こちらは白木の和風三段重です。

《板前魂》和・洋・中 三段重おせち『花籠』(冷凍)のお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.30 更新:2015.9.7 再更新:2017.11.09

『上海蟹』好きの口の肥えたあなたに、すすめたい鳥取のセコガニ。🎍

DSC03912

蟹の本当のおいしさを知りたいなら、小さな、小さなセコガニ

蟹と言えば、立派なズワイガニの脚を食べるイメージですか?
あれはあれで「蟹を食べた!」満足感ありますね。
でも、蟹のギュッとうまみがつまった味、中でも蟹の子のうまさを味わいたいなら、鳥取のセコガニを食べなきゃ!
セコガニを食べずして、蟹を語るな!と言いたいです。
ことにいまや超高級品となって、なかなか口にするのが難しい上海蟹が好きな、口のおごった人には、「日本のカニを食べるなら、鳥取のせこがにを食べなさい」と言いたい。

ぐるなび食市場の「カニ試食会」で北海道のズワイガニ、タラバガニ、毛ガニ、越前の越前かに、鳥取のズワイガニ、そしてセコガニを食べ比べる機会がありましたが、最後に感想を聞かれたみなさんが口々に言ったのがセコガニのおいしさでした。
見た目小さくて、食べるところがなさそうで、魅力が伝わりにくいのですが、地元ではズワイガニより愛されているセコガニ。あの美味がお取り寄せなら日本全国で味わえる時代なんですよね。

フォーシーズンのセコガニは1枚たった300円。12枚以上で送料も無料。
1万円以上買っても送料無料なので、ズワイガニとセットで買ってもいいですね。

お取り寄せは!

DSC01596

続きを読む "『上海蟹』好きの口の肥えたあなたに、すすめたい鳥取のセコガニ。🎍" »

人形町の老舗料亭《北浜》のおせちは、野菜が生おせちならではの食感でした。🎍

20121113DSC03118

人形町の老舗料亭「北浜」といえば、もっぱら接待に使われる贅沢な店。こちらの2013年用生おせちを、試食会で一足先に食べさせていただきました。

「北浜」の初代は関西で料理修行したとのことでしたので、関西風の味付けかと思いましたが、東京で1932年に創業して長年東京で店をやってきているからでしょうか、味付けは意外にしっかりとしていました。もちろん東京でも料亭の味は、家庭の甘辛い味とは異なりますが、京都の料亭のような、醤油の味が食材の味の後ろに控えた幹事ではなく、醤油のうまみがしっかりと感じられる味付けです。

ふだんから西京漬けを売っている北浜は、なんと数の子を西京漬けにして、おせちに入れています。食感だけでなく、味もしっかり楽しめる数の子でした。

でも一番印象的だったのは野菜の食感の良さです。冷凍技術が発達した昨今、ほとんど冷凍だからまずいということはありませんが、やはり野菜の食感は冷蔵にはなかなかかないません。
ハスのシャキシャキっ、しっかりした味付けの松茸のさくっと噛み切れる食感はさすが。
なますも、こんな薄切りなのに、質の良いにんじんと大根の心地よい食感がありました。

下の写真のお猪口に入っているのはいくらの真砂和え。数の子のプチプチした食感といくらのぷにゅっとした食感、そして2つの味が口の中で協奏して、幸せが広がりました。

人形町の老舗料亭《北浜》のおせちはのお取り寄せは

20121113DSC03113

続きを読む "人形町の老舗料亭《北浜》のおせちは、野菜が生おせちならではの食感でした。🎍" »

《板前魂》のおせちは、やっぱり見た目以上!🎍

20121010DSC01115

我が家はだいたい少人数用で1万円くらいのおせちを買っています。なので3、4人前で1万円のおせちにはさほど期待しません。
板前魂のおせちを最初に食べたとき、期待せずに食べたので、予想外のおいしさに驚きました。

今年も試食させていただき、改めて、やっぱり期待以上。
同じくらいの価格のおせちだと、スーパーで売っているおせちをいくつか買ってきて詰め込んだようなタイプのおせちからは一応ワンランク上がってはいるものの、リーズナブルな結婚式場や一般的な法事のごはん以上のものではありません。

板前魂は、入っている料理を見たときに、手をかけた料理は数点見かけるものの、やはり料亭の名前を冠したおせちほどの細かい細工のある料理はさほどありません。
なので期待しないんですよね。

ところが実際に食べてみると、ひとつひとつの料理がちゃんとしている。
たとえば海老。さっと薄味で煮ただけの海老ですが、海老のぷりっとした食感や、臭みのない、良い海老の香りが楽しめます。

栗きんとんや伊達巻もしっとり、良い感じの甘さ。

でも一押しは上の写真のテルミドール、下の写真のあわびと、ベーコンやソーセージです。

その秘密は…

《板前魂》のおせちのお取り寄せは

20121010DSC01114

続きを読む "《板前魂》のおせちは、やっぱり見た目以上!🎍" »

タラバガニ付北国の豪華海鮮おせちセット【北の漁師膳】三段重🎍

icon icon

タラバガニの脚やぼたんえび姿蒸し、鮭の幽庵焼など北海道の海の幸に加えて、煮しめや伊達巻、昆布巻、黒豆などの伝統おせち料理も入った、豪華おせちに、さらに北海道を代表する高級魚「きんき姿煮」がついたセットです。
個別包装で届きます。写真は盛付例です。

テレビ、雑誌でも多く紹介されていです。
わたしも一度お取り寄せしましたが、価格に比して、豪華で満足感が得られます。

【北の漁師膳】三段重のお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.12.1 更新:2014.11.9 再更新:2017.10.02

京都の老舗料亭『濱登久』おせち一段重は、煌びやか!🎍

創業90余年の老舗料亭[濱登久]のおせち、少人数用の一段重28品。
味、器、盛り付け、いずれも美を追求した料理は、舌だけでなく、目も喜ばせてくれます。

『濱登久』おせち一段重のお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.12.01 更新:2017.10.02

《板前魂》和風三段重おせち(桐箱)充実の価格と品質。🎍

白木の箱三段に、腕自慢の板前が技と心意気を尽くしたおせち料理がたーっぷり。それに加えて「福良鮑」と、「海鮮箱入りおこわ」がついてきます。

この「福良鮑」とその煮汁で炊いたごはんを試食させていただいたことがありますが、いやあ、本当に鮑が柔らかくて、贅沢な一品でした。もちろん「板前魂」のおせちも二度ほど食べましたが、見た目は地味ですが、それぞれの素材の食感が生かされていて、ぱっと見の印象を良い意味で裏切る、なかなかの味のでした。
感想は板前魂の三段重おせち【富士】は予想を裏切るおいしさ

「板前魂」のおせちは以前は本店、楽天市場店など、店によって各おせちが中身は同じながら愛称が異なっていましたが、2013年分(2012年発売分)のおせちからは、名称が統一されました。

「板前魂」のおせちは大きく分けて2系統。
ひとつは「豪華逸品シリーズ」。桐箱に入ったおせちに、あわびの姿煮やおこわ、ソーセージなど、正月の食卓にうれしいおまけ付。
もうひとつは「お値打ちシリーズ」。梅柄の発泡スチロールの箱に入ったおせちで、おまけはありませんが、価格はお手ごろ。
それぞれのシリーズに和風おせちと和洋おせちがあります。

こちらは「豪華逸品シリーズ」の和風三段重です。

《板前魂》和風三段重おせち(桐箱)のお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.12.1 更新:2015.10.31 再更新:2017.10.02

《味百華》おせち一段重は、プロが自分たちのために作った自信作。🎍

関西にある、知る人ぞ知る、ある食材屋さんが、社内で「自分達が食べたいおせち」を作って社内だけで販売しました。その噂が評判になって、一般販売することになったのが、このおせちです。
見栄えより味重視で作られた料理約2人前が一段重に詰まっています。

《味百華》おせち一段重のお取り寄せは

※画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2010.11.30 更新:2015.10.31 再更新:2017.09.24-10.02

三越・伊勢丹オンラインストア