冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2019おせちガイドby暮らし通 > 陳健一

《赤坂四川飯店》中華おせち一段は、深みのある本格仕立て。🗻

北京、広東、上海とならび中国四大料理と言われる四川料理は唐辛子の辛さや山椒のしびれるような刺激、酸味や香味が特徴です。様々な調味料や香辛料で深みのある味わいに仕上げてあるのが特徴です。《赤坂四川飯店》は、陳 建民の四川料理の魂を、鉄人・陳建一氏が受け継ぎ、今なお人気のお店。《赤坂四川飯店》中華おせちはその深みのある本物の味わいがぎっしり詰まったおせちです。

《赤坂四川飯店》中華おせち一段のお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2018年11月17日 午後10時まで)すると、日本全国送料無料です。

《赤坂四川飯店》のその他のおせちのお取り寄せは

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2015.10.10 更新:2018.1.30

2015年正月は、和洋中の三巨匠共演おせちで贅沢な祝い膳でした。🗻

20141231DSC06572

2015年のおせちはちょっと贅沢に「和・洋・中の三巨匠 共演おせち」を大松松坂屋オンラインショップからお取り寄せしました。

和食は「和の鉄人」中村孝明(なかむら こうめい)氏、洋食は「日本一予約のとれないレストラン」と呼ばれるイタリアンの「LA BETTOLA (ラ・ベットラ)」のオーナーシェフ落合務氏、中華は「中華の鉄人」陳建一氏が監修。

実際に作っているのは富山の「五万石」。「五万石」のおせちは2012年のお正月にお取り寄せして、気に入っていたので、その点でも味に信頼がありました。

お重も、使い捨てではあるのですが、見た目がこれまで取り寄せたどのおせちよりも立派でした。チーク材に金線というイメージ。

おせちの中身に関して結論から書くと、どれもおいしく、「これは要らないなあ」という料理がひとつもない、大満足のおせちでした。

例年、少人数用おせちから選んでいましたが、そうすると選べるおせちがかなり限定されます。そこで今年は最もポピュラーな3-4人用おせちから選びました。
食の細い中年夫婦二人で食べると、たっぷりありましたが、元旦と2日の朝食兼昼食と夕食の計4回で、食べ切ることができました。

まあ、かなりおなかいっぱい~でしたけどね!

《大丸・松坂屋特別企画》和洋中の三巨匠共演おせち『2019年版』のお取り寄せは

20141231DSC02565

続きを読む "2015年正月は、和洋中の三巨匠共演おせちで贅沢な祝い膳でした。🗻" »

陳建一監修『中華オードブル』(冷凍)は、目にも楽しい祝い膳の華。🗻

四川料理を代表する献立、『陳麻婆豆腐』や『エビチリソース』などの定番料理のほかに、彩り豊かな点心を華やかに詰合せた『陳建一氏監修』の中華オードブルです。家族が揃った楽しいお正月に、和のおせちのサブメニューとして食卓にのせれば大変喜ばれます。

陳建一監修『中華オードブル』(冷凍)のお取り寄せは

そのほかの陳建一監修『中華オードブル』(冷凍)のお取り寄せは

この商品は髙島屋で早期申し込み(2018年11月17日 午後10時まで)すると、日本全国送料無料です。

※ 画像や文字の情報はできるだけ正確を期していますが、最終的な情報は、 お買い求め前に必ず飛び先のサイトでご確認ください。

初出:2015.09.16 更新:2018.12.06