冷凍?冷蔵?人数は?条件で探そう!老舗料亭からお得なおせちまで、おせち選びのコツと共に紹介。

暮らし通 > 2019おせちガイドby暮らし通 > 妻が楽できるカニの取り寄せ方

妻が楽できるカニの取り寄せ方

20181109DSC09891_R

「わーいっ、カニだあ!」

年末年始のご馳走として、カニを食卓に出したら、夫もこどもも大喜び。

でも、その前に妻は……どよーんっ。
だって、カニをさばかなきゃいけないんですもん。

ハサミ片手にカニと格闘。トゲが手に刺さって痛いし、ほんと、疲れる。
注意していても、カニの甲羅は切った瞬間にかけらが飛び散って、なんだか台所中が、カニ臭くなる。

……でも、さばき済みのズワイガニの太脚棒肉だけのセット「本ずわい蟹ポーション」をお取り寄せすれば、妻の下ごしらえは楽々。
しかも食べがいある太いカニ脚ばかりだから、食べごたえあって、全員が大満足。

わたしが食べた《食の達人森源商店》の「本ずわい蟹ポーション」を

「本当にハサミ片手にさばかなくていいの?
「解凍はどうするの?」
「めんどくさくないの?」

 というわけで届いてから、食べるまで、順を追ってご紹介しましょう。

20181109DSC09904_R

届くのは、持ちやすいように殻の一部だけ残して、むき身にした太脚棒肉だけ。

外側には「グレース」と呼ばれる氷の膜がついています。
これは食材の水分が抜け、油脂が酸化する「冷凍焼け」を防ぐのが目的なのですが……
悪質な業者の中には、このグレースを無駄に厚くして、細いカニ脚を太く、重量を多く見せる者もいるようです。

でも、《食の達人森源商店》のズワイガニは最初の写真を見ればわかるように、グレースを溶かして取った後も、中にしっかり太い脚があります。

20181109DSC09916_R

殻をつかんで、流水の下でささっと解凍、グレースを流します。

このまましゃぶりつきたくなりますが、流水で少し温まっているので、ここはぐっとこらえて、氷水の中でしばらくシャブシャブして身を引き締めます。

水分がついたままだと味が薄くなるので、キッチンペーパーを畳んで食卓に置いておいて、そこへ蟹の身を置いて、さっと水分を吸い取らせてたら、後は酢醤油などを少しつけて、口の中へ!

口の中で骨からこそげとって食べましょう。

20181109DSC09891_R

このカニ脚は刺身で食べられるのが特徴。

刺身で食べるときは、冷凍庫から出したらそのまま皿に積んで、食卓に出して、流水の代わりに、水を張ったボールを使い、家族それぞれに解凍からやってもらうのが一番、妻は楽。

小さいこどもがいる場合など、家族に任せられない場合は、流水で解凍して、キッチンペーパーで水分を拭き取って、お皿に積んでおきましょう。

刺身の他、カニしゃぶ、あるいはホットプレートでバター焼きにするのも、おいしいですよ。

どうです? 本当に妻が楽できるカニでしょ?
お取り寄せするときの注意点は、ちゃんと中身が充実したカニを選ぶこと。
そのためには店の信用が大事。

さらに《食の達人森源商店》の場合、1kgあたりの本数(サイズ)を、特大サイズ30本(15本×2)、大サイズ40本(20本×2)、中サイズ50本(25本×2)の3タイプから選べるのが特徴。
本数を少なく指定すれば、太い脚を楽しめますよお。

大人ばかりなら、わたしのおすすめは特大サイズです。

わたしが食べた《食の達人森源商店》の「本ずわい蟹ポーション」を

なお、Wowma!には、その他、カニのおいしい店がいっぱいあります。

20181109DSC09919_R